HOME>イチオシ情報>スキルが不足しているのであれば身に付ける努力も必要

交渉や英文作成能力への評価

先生と生徒

英語を使って仕事をすることができるということは、話せればなんとかなるという考え方では甘いとされています。ビジネスシーンでは、交渉ごとから英文でのビジネス文書形式を押さえた文書を作成することができて初めて、一人前のビジネスパーソンとして評価が下されるからです。そのため、英会話だけではビジネスシーンにおいてはまだまだ力不足であると判断されがちです。では、そこを補強するためにはどのようなスキルが求められるのでしょうか。まず、ビジネスの場面では英語で交渉に当たる会話力が必要になります。交渉事なので、かなりハイレベルなスピーキング力と文書作成能力が求められます。

スキルアップにつながる

女の子

すでに英語は公用語としての地位を確立していることから、日本国内で仕事をする上でも英語は必要不可欠なツールとなりつつあります。そのため、都内の大手企業で働くビジネスマンを中心に、ビジネス英語を精力的に学ぶ人が増えています。外国語を話せることが当たり前の時代となりつつあることから、英語は話せて当たり前なのです。もし、留学経験がなくても問題はありません。国内にある英会話学校でビジネス英語を身につければ、すぐにスキルアップに繋がります。

ビジネスで活躍できるビジネスパーソン

大学生

ビジネスパーソンとして求められるのは、英語で仕事をすることができることです。日常的な英会話ができれば良いと言うのではなく、英語を使って交渉をしたり、文書を作成したりすることが求められる時代になりました。特に、外資系ではそれらのことができて当たり前だと考えられているため、もし、会社の求めるレベルを満たしていないと感じるのであれば、専門的なビジネス英語を学べる英会話学校でスキルを身につけることが好ましいことです。

広告募集中